コーチング

職場環境のIT化が進み、企業間競争の激化など社会変化に伴い働く環境はめまぐるしく変化しています。そのため、従来の指示命令型のもとでは、上司も部下も目標を達成することが難しくなってきました。そこで、企業では現場に一番近い部下達が働きやすいように支援を行う権限委譲型のビジネススタイルが求められるようになってきました。

人は、他者から動機付けられる存在ではなく、その人の内部に存在しているのです。それゆえに自分自身を自ら動機付けする手法というコーチングが今、注目をあびています。

権限委譲型のビジネススタイルでは、部下は自主性、責任感が求められ、これらを無理なく実行するには、自分で考えて行動計画をたてるコーチングの手法が適切なのです。

コーチングは部下や後輩に対して問題解決や自己成長を指向する人には有効ですが、セラピーやカウンセリングとは違い、心がマイナスな状態時には適しません。 コーチング手法は、やらされているといった押し付け感の伴った行動でなく、自らの自主性、責任感からの行動に変化させる手法です。

そうすることで、自らの目標が達成され、それを通じて自己成長が促進され、更に高い目標の設定に繋がるというプラスのスパイラルが生まれる効果があります。

部下をお持ちの管理職の方や、プロジェクトマネージャやリーダーはもちろんのこと、企業経営者に至るまで幅広くの方々に受講されているコミュニケーションスキルです。

PICKUP

リーダーは話を1分以内にまとめなさい サラリーマンおすすめセミナー OLおすすめセミナー メルマガ購読 記事掲載・マスコミ掲載 多目的ルーム予約
ページトップへ